コラーゲンの年齢と減少

コラーゲンは生まれた時から人間の体に存在し、若いうちは体内で生成されています。
赤ちゃんや幼児の肌がぷるぷると弾力があるのは、コラーゲン量が豊富に潜在しているからです。

 

しかし、これも若いうちだけ。

 

年齢を重ねるたびにコラーゲンの生成量は減少していきます。
コラーゲンは作られず、使うだけになると消費量が増えて不足してしまいます。

 

特に成人するとコラーゲン量が減少の一途をたどります。
20歳を超えて減少していきますが、大幅に減少するのは40代〜50代です。
20代のコラーゲン量に比べると、40歳で約半分まで減少していきます。

 

これを食い止めるためにはコラーゲンの摂取が欠かせません。
コラーゲンは一部、食べ物も含有しています。
豚肉、鳥手羽先、フカヒレ、すっぽんなど。
しかし、動物性(肉類)はカロリーも高くなります。カロリーを気にする女性は軽々とコラーゲンを摂ることができません。
しかも、動物性コラーゲンは吸収率つが低くなります。
となると、フカヒレやすっぽんが理想的な食材となります。
ですが、海洋性の食べ物は高級食材です。毎日のように食べることは無理でしょう。

 

そこで、おすすめしたいのがコラーゲンサプリです。
サプリなら比較的低コストでコラーゲンを摂取できます。
形状から考えても、食べ物で摂るより手軽でスムーズです。

 

コラーゲンサプリは数多くありますが、低分子であるものや海洋性であるもの、ニオイが気にならないものなど、こだわり条件で選定しましょう。