コラーゲンのはたらき

私たち人間の体にタンパク質は欠かせません。
骨や組織の構成にも一役買い、女性が気にする肌の皮膚もタンパク質で構成されています。
皮膚において、タンパク質の約70%がコラーゲンです。
つまり、コラーゲンはタンパク質の一種であり、肌や皮膚に欠かせないと言えます。

 

もともと肌の奥にある真皮部分にコラーゲンは潜在しています。
そして、コラーゲンは弾力性を維持する働きがあります。
真皮が弾力性を持つことで、肌の表面がぷるぷると潤いある肌を保てます。

 

肌の「ハリ、うるおい、弾力」に欠かせない成分こそ、コラーゲンというわけです。

 

 

 

 

 

 

 

コラーゲンの生成は年々低下する

 

コラーゲンは健康な身体や皮膚に必要であるため、もともとは体内で生成されています。
体の中でコラーゲンを作り出す活動が行われています。
赤ちゃんの頃からコラーゲンは生成されています。
新生児や幼児の肌がぷるぷるなのは、コラーゲンが豊富に備わっているためです。

 

しかし、体内でのコラーゲン生成活動は年々低下していきます。
年を重ねるごとにコラーゲンは減少していきます。
二十歳を超えると減少が進み、四十代になると一気に減るとも言われているようです。

 

大人がハリのある肌を維持するためにはコラーゲンが欠かせません。
減少を食い止め、コラーゲンを効率良く補給することが先手です。
そのために、コラーゲンサプリは存在しています。
コラーゲンは食事からも摂れますが、サプリを利用する方が効率的でスピーディです。